チイカクの斯くも怠惰な生き様

なんか色々を適当に綴るブログ

五月病になっていないのに五月が終わる  

先日のことである。
いつものウォーキングを済ませると、先々月まで一緒に働いていた後輩からメールが。
晩飯のお誘いである。
そういや、一回奢ってやる約束してたな~。
のんびりする予定だったが、しゃあんあるめえ(しょうがない)、行くか。

の前に、欲しいCDを買いに行くことに。
買ったのはこちら♪

sun.jpg

知った切っ掛けは、MTVでPVを見て。
MTVは、最近BGM代わりにヘビロテしているのです。
で、わざわざ出かけて買いに行くこともなかったんだが、別件もあったのでついでにということで。
当然帰りの車中で、パワープレイなので♪

そんなこんやで帰ってきたら、結構時間が差し迫ってきている。
あまり休憩できずに出発し、なんとか約束の時間通りに着く。
そしたら、まだ着いていない後輩。
連絡取ったら、もう直ぐ着きますという後輩。
着いたら、どうしても買うものがあるんでという後輩。
結局、30分近く待たされる…まあ、しゃあない。
前からそんな奴だったからなw
そんな感じで合流し、食べ放題の焼肉店へ。
タイミングが悪かったようで、40分以上待つことに。
お互いの近況や愚痴語りつつ、食い散らかす。
いやあ、食ったわ。
腹減ってた後輩が、早い段階でご飯物を頼むしw
美味かったけどね。

てなわけで腹一杯になったので、一件目でお開きに。
いつもなら帰ってからもう一杯やるのだが、ち~と無理なので早々に寝る。
そんなとある休日でしたとさ。
スポンサーサイト

Posted on 2015/05/31 Sun. 23:37 [edit]

category: 日記

tb: 0   cm: 2

そうだ京都へ…行ったった  

偶発的に休みができたので、どっかへ行くことに。
本来なら、SA巡りの一環で山梨か四国なんだが、準備が…
いや、なんか気が乗らなかった。
なわけで、そうだ京都へ行こう!と相成りましたのさL(´▽`L )♪

今回は比較的近場なので、下道で行ってみる事に。
これが大失敗∑(=゚ω゚=;)
面倒な道で、時間は事前調査通りだったが体力の消耗が(*´-ω-`)・・・フゥ

さて、そんなかんやで着きましたのが京都駅。
前回来た時は駄目だったカレーうどん。
今回はもしかしたらと思い行ってみたが…
CFkkdoYUsAAEOwe.jpg
駄目でした(´ω`。)
ま、駄目元だったし、これは(鶏天うどん)これ(鶏天うどん)で美味かったし。
続いて駅ビル内をぶらぶらと。
自分土産にこちらを購入。
IMAG1032.jpg
たまねぎがいっちゃん美味かったな~(´ω`*)
その後、大学時代にツレが住んでいた場所に向かったが、分かんなかったorz
暑い中ぐるぐる同じとこを回るのはきつかったぜ。
夜からプロレス観戦を予定していたので、早々に切り上げる。

帰りは高速使いました。
だって、行きが本当にしんどかったからね。
途中、大津SAに寄り
IMAG1031.jpg
琵琶湖を見ながら
IMG_20150522_114300.jpg
びわこカレーを食す。

そして帰宅し、プロレス観戦しながら自分土産で
IMAG1033.jpg
一杯やる。
そのまま酔いつぶれて眠ったとさ。
目出度し×2(*・ω)ノβψε★βψε

Posted on 2015/05/23 Sat. 22:35 [edit]

category: SA巡り

tb: 0   cm: 2

新日本プロレスBEST OF THE SUPER Jr. ⅩⅩⅡ5.22後楽園大会  

タイトルが長い!
さて、今年も来ましたJr.の祭典。
個人的には、他団体選手がおらず(外国人勢除く)少し寂しい面子。
とは言え、レベルが低いわけではなく、寧ろ高いので楽しみにしている。
注目は、外道、レッドラゴンの二人と小松。
そして、タイガーマスク。
ここでタイガーが爆発したら、新日Jr.が面白くなる気がする。
ではでは、観戦記を。

●第1試合
獣神サンダー・ライガー vs 小松 洋平
単なるチャレンジマッチでは、意味の無い小松。
試合開始前に仕掛けていったのは良かった。
そんな小松に対し、ライガー試すかのように厳しい攻め。
最後まで気持ちを切らさず攻めた小松だが、やはり力及ばず。
もう少し、あわやと言う場面を作ってほしかった。

●第2試合
タイガーマスク vs ニック・ジャクソン
S○CK IT連打やセコンド介入で、ペースを掴むニック。
打撃や膝への関節技で押し返すタイガー。
最後はタイガースープレックスで、タイガーの勝利。
フィニッシュがやや崩れたのはいただけなかったが、動きは結構良かった。
このまま調子を上げてもらいたいものである。

●第3試合
アレックス・シェリー vs デビット・フィンレー
あのデイブ・フィンレーの息子という事で、期待しておりました。
ファイトスタイルは意外にも、荒々しい。
でも、基礎はしっかりしているという。
解説のオカダが言っていたが、正に父親の時代のレスラータイプ。
まだ若いし、楽しみな選手である。

●第4試合
バルバロ・カベルナリオ vs チェーズ・オーエンズ
声援は圧倒的にバルバロに送られる。
まあ、あれだけ分かりやすいキャラクターだし、オーエンズは地味だからな。
そんな地味ではあるが、効果的に試合を運ぶオーエンズ。
7割方はオーエンズが攻めていただろうか。
しかし、バルバロが逆転勝利。

●第5試合
後藤、真壁、棚橋、柴田、本間 vs 中邑、石井、矢野、桜庭、YOSHI-HASHI
見事なまでに、前哨戦ラインナップ。
ここで目立ったのが、YOSHI-HASHII。
最後、後藤とのマッチアップだったが、あわやというとこまで追い込んだ。
ここで勝てたらIC挑戦も見えたんだが、後一歩及ばず。

●第6試合
ロッキー・ロメロ vs ボビー・フィッシュ
ベテラン同士の巧みな試合。
特にフィッシュは良かった。
初めてシングルで見たが、打投極がバランスよく高いレベルにある。
フィニッシュが足関節というのも、渋くて良い。
しかし、ロメロって結構小さかったんだな。

●第7試合
バレッタ vs カイル・オライリー
2試合続けて、RPGバイス対レッドラゴンとなった試合。
予想通り、いや予想以上にオライリーはいい選手だった。
バレッタも悪くなかったが、オライリーの方が全てのおいて上回っていたように思う。
しかし、オライリーがコミカルな動きをした時は驚いた。
そっちもいけるのかと。

●セミファイナル
KUSHIDA vs マスカラ・ドラダ
この二入なら手が合いスイングすると思っていたが、期待に違わぬいい試合だった。
今回は、最初から最後まで腕攻めに重点を置いたKUSHIDAの勝利。
しかし、フィニッシュの時が少し盛り上がりにかけたかと。
ホバーボードロックが決まりかけから決まるまでに間があったのと、決まった感じをもう少し大きくアクションしたら良かったのではないかと。

●メインイベント
田口 隆祐 vs 外道
声援は外道に集中。
ラフ攻撃をしても何をしても大声援である。
外道の試合運びは、完全にヒールモードなんだがな。
とは言え、WARスペシャルやクロスフェースオブJADO出した時はちょっと感動した。
最後は、レフェリーのブラインドを突いてのローブロー→コンプリートショット→外道クラッチという完璧フルコース。
試合後、解説にいたオカダとのやり取りは何とも微笑ましいものだった。
まさに、ハッピーエンド。

シングルマッチの多い今大会だったが、テンポよく進み3時間かからなかった。
試合は長ければいいってもんじゃない。
説得力があれば、短くても構わないのである。
無論、長くてもいい試合は山ほどあるがね。
さて、優勝は誰が掴むだろうか。
KUSHIDAの言う通り、今回は星の潰しあいになるだろう。
そんな中で、誰かが独走するとそれはそれで面白いんだが。
ま、こちらとしては見応えがあり説得力のある試合をしていただければ文句はない。
以上、1ファンが好き勝手書かせてもらいました。

Posted on 2015/05/23 Sat. 12:01 [edit]

category: プロレス

tb: 0   cm: 0

意外に文量が嵩んでしまった  

特に書くこともないので、新日本プロレス 7.5大阪大会について個人的あれこれを。

●IWGPヘビー級選手権試合
オカダにとっては待ちに待ったAJへのリベンジマッチ。
今年の1.4東京ドームで実現するかと思いきや、なんとそこから半年。
その間、ファレ相手に足踏みが続き、漸く抜け出せた後のこの一戦。
当然、負けられない試合である。
AJは、新日における役割を粗方果たしている気がする。
この試合で負けたら後残っているのは…中邑戦?

●IWGP IC選手権試合
負けられないのは、後藤の方。
この試合だけでなく、そこまでの前哨戦も重要。
いつまでも、中邑に流れを作ってもらっていてはいけない。
一方の中邑。
ICは中邑を自由に羽ばたかせたが、そろそろICから距離を置いた方がいい気がする。
これ以上は枷になるだろうから。

●NEVER無差別級選手権試合
熊本を超えられるか、その一点。

●IWGPタッグ選手権試合
カールがどう振る舞うかが最大の焦点なのだが、それのせいで王者チームの実力がいまいち分かりにくい。
この流れは、ここで決着していいだろう。

●IWGPジュニアヘビー級選手権試合
オメガがBOSJ優勝者と争うわけだが、なんとも。
現時点では、誰が来ても心躍るカードにはなりそうにない。
それでも敢えて言うなら、希望込みで外道。
若しくは小松。
ここが来れば相当盛り上がるだろう。
かなり確立は低いだろうが。

●棚橋 vs 矢野
正直、どちらが勝とうともいい試合。
まさか、G1まで引っ張らないだろうな…

●柴田 vs 桜庭
リマッチだらけで刺激的な対戦がない今大会で、唯一ヒリヒリするカード。
桜庭の負傷欠場から、自分の道を切り開いてきた柴田。
親友後藤との対戦、タッグ結成、タッグベルト奪取、中邑・棚橋との邂逅。
新日の主要人物として、目まぐるしく駆けてきた。
桜庭は、永田、グレイシー、鈴木みのると戦ってきたが、どうもしっくりこない。
中邑以降、桜庭が本気でヒート出来るような相手に巡り合っていない。
あの鈴木みのるが相手でも、凄い桜庭が見れなかった。
この柴田との試合で凄い桜庭が見れなかったら、いよいよ桜庭が新日にいる意味が無くなる気がする。

素人が好き勝手書かさせてもらったが、なんだかんだ言いつつ楽しみにしている。
刺激がないと思っているカードで、度肝を抜くようなインパクトを味あわせてほしい。
手に汗握らせ、思わず声を上げてしまうような試合が観たいのである。
それは、BOSJも同様である。
面子的には弱いと思うが、いい意味での裏切りを期待している。
幸い、開幕戦はネット生観戦が出来そうなので、しっかりと準備しておこう。

Posted on 2015/05/12 Tue. 23:07 [edit]

category: プロレス

tb: 0   cm: 0

GWを振り返る  

あんまし、大型連休っぽいことはしなかったかな~。
だって、金貯めなきゃいけないから。
本当は、いつものSA巡り行きたかったんだが…しばし辛抱。

初日は何やったっけ?
家の飲みもしなかったし、どっか出かけた記憶もないし。
ウォーキングはしてるな。
そんな一日。
あ、ちょっと思い出した。
GW中分だけの金を作ろうと思って、漫画を粗方売ることに。
拘って残していたのもあったが、実際全く読んでいない。
裏の値札剥がしに、1時間以上費やす。
GWに何やってんだか┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ

二日目はいろいろあった。
まずは、漫画を売り行くことに。
一件目の店が、駐車場一杯で入れず。
少し時間を置いて再度行ってみたが駄目。
ならばと、反対方向の店まで車を走らせる。
意外にもそっち方面の方が、道が空いていたな~。
で、査定結果は約260冊で5000円ちょい。
足元見られた感はあったが、お世辞に保存状態は良くなく、古い漫画だったから仕方がないか。
一緒に売ったプロレスDVDが意外にいい値がついたので、良しとしよう。
帰宅後、サウナスーツを着て部屋の掃除。
これがいい汗をかく。
ラックを一つどかし、ついでに色々と不要な物を捨てる。
結構すっきりしたな(●-`ω´-●)ウム
しかし思ったより時間がかかり、ネットプロレス観戦開始時間にぎりぎりになってしまった。
危なかったぜ。

三日目…
ウォーキングして、寿司食って、酒飲んで、寝る。

四日目は~~~~~、まずなにしたっけ?
ウォーキングはした。
がっちり1時間以上。
へろへろになったわ (;@_@)ノ
そして、何故か肩が痛い。
夕方からは、ツレと飲みに行く。
ウォーキングのせいか、3杯飲んで激眠状態に。
ん~ちょっと考えないといかんかも…
帰って寝る。

五日目、てか今日。
がっちりラーメンを作る。
材料買いがてら、ウォーキング。
やっぱり肩が痛い。
そして今………いや、別に何もないけど┌┤´д`├┐ダル~

ああそれから、ねこあつめクリアしちった(・・。)ゞ テヘ

Posted on 2015/05/06 Wed. 17:20 [edit]

category: 日記

tb: 0   cm: 2

新日本プロレス5.3福岡大会 レスリングどんたく  

当日色々やっていたら開始時間が迫り、慌しく観戦スタートとなってしまった。
ちなみに、今大会はアルコール入りで。

●第1試合
永田、ライガー、タイガー vs 中西、キャプテン、田口、KUSHIDA
中西のコンディションが良さそう。
もう一花咲かせて欲しいものである。

●第2試合
内藤、田中 vs 飯伏、小松
主役は、ヤングライオンの二人。
先輩相手であっても、物怖じせず攻めかかる姿は清々しい。
そろそろBOSJに出場か。
内藤が飯伏を意識し始めたようだが、飯伏はまだまだ余裕。
内藤の、TOP戦線復帰への足掛かりとなるかどうか。

●第3試合
天山、小島、本間 vs ファレ、タマ、コーディ
次の試合のために、観戦体力温存。
フィニッシュは、最近成功率高め?のこけし。

●第4試合 IWGP Jr.タッグ選手権試合
[王者]ロメロ、バレッタ vs [挑戦者]マット、ニック vs [挑戦者]オライリー、フィッシュ
個人的に、ここ数年外れ無しのJr.タッグタイトルマッチ。
この日も、本当に素晴らしかった。
バレッタの奮闘が良かった。
ハイレベルな攻防にきっちり溶け込み、存在感を出していた。
そして、毎回驚かされるヤングバックス。
まさか、場外でインディーテイカーを放つとは。
あと、レッドラゴンも相変わらずハイレベルな攻防を魅せてくれた。
しかし今回は、ヤングバックスが頭一つ抜けていた試合だった。

●第5試合 IWGP Jr.ヘビー級選手権試合
[王者]ケニー・オメガ vs [挑戦者]アレックス・シェリー
シェリーのシングル能力を存分に観たかったのだが…
予想通りのバレットクラブの介入があり、やや消化不良に。
しかし、ヒールとしては正しい姿。
最後は、片翼の天使一発でケニーの勝利。

●第6試合
カール、ドク、アンバー vs ターバン、ベネット、マリア
新日では珍しい、男女混合マッチ。
相変わらずマリアを追いかけるカール。
そんなパートナーを必死に改心させようとするドク。
ほぼそれだけな試合。
試合後に、振られた腹いせにか、マリアにマジックキラーを放つ。
これで、カールは戻ったかと思いきやそうでもない様子。
果たして、この抗争?にどうオチをつけるのだろうか。

●第7、8試合
メイン観戦体力温存のために、ほぼスルー。

●メインイベント IWGPヘビー級選手権試合
[王者]中邑 真輔 vs [挑戦者]後藤 洋央紀
タッグベルトを失って以降、燻っていた後藤にやって来たチャンス。
というか、中邑が後藤に奮起を促す為にチャンスを与えたと見るべきか。
試合自体も、終始中邑のペース。
後藤は、悪い意味でいつも通りだったか。
それでも最後にきた勝機を物にし、後藤の勝利。

メインはライガーの解説が、とにかく的確で重かった。
第6試合とは大違いである。
何にせよ、後藤はここから正念場。
ベルトをどう扱っていくのか。
と思っていたら、ヘビーとの統一戦?を示唆。
いろんな意味で、恐ろしい男だ。
一方で、中邑はリマッチを匂わす。
はてさて、どうなるか。

Posted on 2015/05/04 Mon. 13:08 [edit]

category: プロレス

tb: 0   cm: 0

プロフィール

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード